During the unprecedented impact of COVID-19 we have reduced both staff and hours of operation. Because of this, all calls may not be answered. For all technical support related inquires we encourage you to email service@martinlogan.com and sales@martinlogan.com for sales inquiries. Please expect a slightly longer response time than usual. Thank you for your understanding during this time.

Dynamo 1600X

ワイヤレスコントロール、ワイヤレスルームコレクション、ワイヤレス信号接続:超強力15インチサブウーファー

ダイナモ1600Xは、Bluetoothアプリ、国歌ルーム補正(ARC®)、及びユーザ設定フロントまたはダウン発射介し1,800ワット(ピーク)増幅器、15インチオーディオファイルグレードのウーファー、広範囲の入力オプション、オプションのワイヤレス接続、制御を備えてい設計。劇的な低音のディテールとアタック、優れたエクステンション、そして部屋を揺るがすような出力が、魅力的な音楽とホームシアター体験を確実にします。


$1,999.99 $1,499.99
カートに追加

Dynamo 1600X Finishes

SKU:

Price: $1,999.99 $1,499.99

Sold As:

ディーラーを探す

ダイナモ1600X
製品のハイライト

  • 15インチインバーテッドサラウンドポリコーンウーファー
  • 1,800ワット(ピーク)アンプ
  • 密閉型非共振キャビネット
  • スマートフォンアプリによるデジタル制御システム
  • アンセムルーム補正(ARC®)スマートフォンアプリやPC経由
  • XLR、RCA、およびスピーカーレベルの入力を含む堅牢な接続オプション。 12Vトリガー
  • 設定可能なフロントまたはダウンファイアデザイン
  • SWT-Xワイヤレスレシーバー&トランスミッター(別売)

MARTINLOGAN SUB CONTROL APP
(iOSおよびAndroid用に利用可能)

MartinLoganのSubwoofer Controlアプリは、Bluetooth接続を使用してDynamo 600X、800X、1100X、および1600Xのセットアップと設定を簡素化します。アプリベースのコントロールには、音量レベル、ローパスフィルタ(周波数と次数)、位相、20〜30Hzレベル、3つのプリセットリスニングモード、およびAnthem Room Correctionのコントロールが含まれます。独自のトーンスイープ機能は、面倒なガラガラ音や共鳴音が発生する可能性があるリスニングルーム内の場所を特定するのに役立ちます。ボタンを1回押すだけで、リスナーは20〜120Hzのトーンスイープを開始できます。室内でがたつきや共鳴音が発生した場合、任意の周波数を保持することができ、リスナーは不要なノイズの原因を調査して特定できます。

詳細はこちら





アークモバイルアプリ
(iOSおよびAndroid用に利用可能)

ラボでは、MartinLoganのエンジニアが透明性を追求しています。ラボの外では、エンジニアが説明できないワイルドカードが1つあります。それがリスニングルームです。リスニングスペースのユニークなサイズと形状(およびその内容)により、ベースウェーブが予測不可能なことをする可能性があり、サブウーファーの全体的なパフォーマンスに大きな影響を与えます。 Anthem Room Correctionは、室内の低周波音の出力を測定し、それを空間的な異常を考慮した最適な応答曲線と比較します。 Anthem Room Correctionの高度なアルゴリズムは異常を効果的に取り除き、理想的な標準、現実的にブレンドされた、自然に聞こえる低音のみを残します。 Dynamo 600X、800X、1100X、および1600Xは、Anthem Room Correctionを実行するために、スマートフォンとのBluetooth接続またはPCとのUSB接続を利用します。

詳細はこちら



ユニークな正面ファイリングまたはダウンファイリングのデザイン

キャビネットやその他の控えめな場所に設置すると、Dynamo 800X、1100X、および1600Xサブウーファーは、標準のダウンファイアからフロントファイアの向きに簡単に変換できます。道具や特別なスキルは必要ありません。フロントファイア用途に使用するためのグリルが提供されている。

オプションのSWT-X無線入力

サブウーファーの性能を最適化するには、正しい配置が重要な役割を果たしますが、長いケーブルを壁に通したり、ベースボードに沿ったり、床やカーペットの下に敷き詰めたりするという不都合が生じることがあります。この問題を解決するために、Dynamo 600X、800X、1100X、および1600Xには、オプションのワイヤレスシステム用の接続ポートが含まれています。 MartinLoganの新しいSWT-Xワイヤレスサブウーファーシステム(別売)には、2.4GHzの動的周波数選択、前方誤り訂正、および最大50フィートまでの範囲を含む最新のワイヤレスオーディオ伝送技術が組み込まれています。サブウーファーへの設置が簡単なSWT-Xレシーバーは外部電源やオーディオ接続を必要としません。

左右2チャンネルの入力

Dynamo 400、600X、800X、1100X、および1600Xサブウーファーは、スピーカーレベルの接続と同様にRCAラインレベルを介した左右の入力を備えています。

LFEホームシアター入力

Dynamo 400および600Xの正しい入力は、ホームシアターアプリケーション用のLFE入力を兼ねています。 Dynamo 800Xは、ディスクリートのLFE RCAラインレベル入力を追加することでアンティを向上させます。 Dynamo 1100Xおよび1600Xは、LFE接続用にXLRとRCAの両方の入力を追加することで、さらに一歩進めます。

12Vトリガ入力

Dynamo 800X、1100X、および1600Xは12Vのトリガー入力を備えており、外部機器でサブウーファーのオン/オフを切り替えることができます。

同時LFEおよび2チャンネル接続

Dynamo 800X、1100X、および1600Xサブウーファーは、堅牢な接続による左右入力、および2チャンネルステレオミュージックとマルチチャンネルホームシアターの両方の同時接続を可能にし、各ソースが個別のクロスオーバーとレベル設定を可能にする制御システムを備えています。リスナーはすべてのアプリケーションで完璧なパフォーマンスを発揮します。 LFE入力はローパスフィルタを使用せず、プロセッサにクロスオーバー制御を任せます。左右の入力はディスクリートのユーザー調整可能なローパスフィルターを内蔵しており、2チャンネルの音楽を再生するときに異なるレベルとクロスオーバーポイントを可能にします。

強力な、高エクスカーション、低乱流、逆サラウンド・ウーファー

最新世代のMartinLogan Dynamoサブウーファーには、反転サラウンドと強力なマグネット、モーター、サスペンションのデザインを備えた高度なデザインのウーファーが搭載されています。フロントファイアモードでは、ユニークな逆サラウンドデザインがグリルカバーの後ろのエクスカーションクリアランスを最大化します。ダウンファイア型に配置すると、倒立サラウンドは、明確で詳細な低周波の経験のために気流関連の乱流を大幅に減少させます。

ダイナモウーファーは、ハイパワーマグネット構造(前世代よりもはるかに堅牢)を低質量ダイアフラムと組み合わせて、極小の低音のディテールを完全に維持しながら大規模なエクスカーションを提供します。コーンの優れた減衰特性により、高性能スピーカーとのシームレスな融合に必要な滑らかで非共鳴的なレスポンスが保証されます。

MartinLoganのカナダの工場で製造された、Dynamo 1600Xおよび1100Xにある最先端技術のウーファーは、ウーファーエンジニアリングの最高峰です。きわめて線形のレスポンスを実現し、歪みを最小限に抑えるために、各ウーファーコーンの上に反転サラウンドをオーバーモールドして永久的な結合を作り出しながら、コーンの全360度で極めて一貫した重量分布を可能にします。さらに、オーバーモールド技術によって生み出されたより強くそしてより信頼性のある結合は、パワーハンドリング能力を最大にするだけでなく、ボイスコイルからコーンを通ってそしてサラウンドのエッジまで伝わる音響的に破壊的なエッジリターン反射を減らします。さらに直線性を最大限にするために、堅牢なボイスコイルを1/4回転の許容誤差で手巻きして、一貫したインピーダンスを実現します。

Dynamoサブウーファーのすべての要素は、コンパクトな設置面積で驚異的な低周波性能を提供するように細心の注意を払って設計されており、最新のテクノロジーが満載されています。

高度な超効率スイッチモード電源およびクラスDアンプ

DynamoサブウーファーD級アンプは非常に低いレベルの歪みで動作し、多くのオーバーヘッドでダイナミックなインパクトをもたらします。低ノイズ、高電力のスイッチング電源は、狭いスペースで効率的にクリーンな電力を生成し、途方もないレベルの電流を楽に提供します。どちらも高品質のMOSFETトランジスタ、トランス、ノイズ抑制ネットワーク、および制御回路を備えています。スイッチング電源と信頼性のあるD級技術を組み合わせることで、サブウーファーシステムのエネルギー損失がほとんどなくなります。

逆数学的等化(IME)フィルター

Dynamoサブウーファーで使用されているIMEフィルターは、フィルター処理されていないドライバー応答の逆数から派生しています。高精度IMEフィルタリングは、この価格帯のサブウーファーに通常見られる単純な2次の高Qフィルタによって提供されるものよりも優れた、非常に正確な低周波応答を生み出します。

広範囲の内部ブレース付き密閉型キャビネット

ポートは、正しく設計されていれば、低周波出力を増やすための便利で費用効果の高い方法ですが、小型キャビネットで使用される場合、共振エネルギーに依存すると低音質が損なわれる可能性があります。 Dynamo 800X、1100X、および1600Xは、音楽や映画のソース素材に関係なく、スムーズで一貫したレスポンスを維持しながら、一時的なぼかしグループの遅延を最小限に抑える、コンパクトで密閉されたサブウーファーシステムです。キャビネットは音響の完全性のために最も良い複合材料から組み立てられます。内部には、構造的なクロスブレースが配置されているため、ウーハーの安定した基盤となります。また、剛性を高めることでキャビネットによる共振や非線形性を聞き取れないレベルまで維持します。

ビルトインETC™(エネルギー伝達カップラー)SPIKES

Dynamo 800X、1100X、および1600Xには、厚いカーペットの安定性を高めるため、またはサブウーファーとフロアの間のカップリングを強化して全体的な音質を高めるために使用できるカスタムETCスパイクが付属しています。内蔵スパイクは、ゴム足の下に便利にそして別々に隠されています。

押す

Martin Logan ESL X, ESL C, & Dynamo 1600X Electrostatic Speaker Review

"

TechnoDad ElectroMotion Review Video

Today I give my five-month review of the Martin Logan ESL X, ESL C, and Dynamo 1600X subwoofer.

"

—Techno Dad, YouTube
全レビューを読む»


MartinLogan Dynamo 1600X subwoofer test: ⚡️ true thunderer

"[Translated from Russian] I wipe away the tears and turn on the optimized tuning with ARC. The bass becomes even clearer, appears (although it is very difficult to make such an association with the sounds of gunfire and explosions) texture and, oddly enough, even more “meat”. The capabilities of the subwoofer are more than enough: you can not only raise / lower the level of low frequencies, but actually adjust the scale of the sound picture. Management from the application is very convenient - it is concise, but everything is in its place, everything is logical and simple."

—Vladimir Koval, Stereo & Video (Russia)
全レビューを読む»


[YouTube Video] Electrostatic Speakers!! Martin Logan ESL X, ESL C, Dynamo 1600X Unboxing & Overview

"

Check out my unboxing and overview of the Martin Logan ESL X, ESL C, and Dynamo 1600X Subwoofer. Will I make the jump to electrostatic speakers?

"

—Techno Dad, YouTube
全レビューを読む»


MartinLogan Dynamo 1600X Powered Subwoofer Review

"The response I heard in the low bass was fuller than I was expecting and right up there with subwoofers that cost many times more than the Dynamo 1600X. This sub could produce these high levels over sustained periods and never even break a sweat. I mean there really were times I thought the bass would break something in the room but it just kept on keeping on."

—Jim Clements, Secrets of Home Theater and High Fidelity
全レビューを読む»


Martin Logan Dynamo 1600X: Hidden Talents

"The Martin Logan Dynamo 1600X is the kind of subwoofer that can make even cynics like me consider the virtues of a sub in a stereo context. So poised, so seamlessly integrated is its contribution in a stereo role that it’s hard not to acknowledge the sonic benefits. The 1600X has the bass talent, the energy and the finesse to augment rather than interfere, while the combination of the ARC and the Martin Logan Sub Control apps allows exceptional integration and convenient control, regardless of room and system variances. Of course, the 1600X also excels in a home theatre context. Indeed, its ability to occupy an equally effective role in both multichannel and stereo systems is a further, major attraction, while amortising its acquisition cost across both applications."

—Deon Schoeman, Audio Video
全レビューを読む»


MartinLogan Dynamo 600X and Dynamo 1600X Subwoofer Review

"This generation of Dynamo subwoofers is clearly a major leap over the previous generation in every respect; I know it will be years until the next generation, but I am already eagerly looking forward to where MartinLogan goes from here based on the terrific work that they have done on these subwoofers."

—James Larson, Audioholics
全レビューを読む»


[YouTube] MartinLogan Dynamo Subwoofer Series Overview & Comparison

""

—Gene DellaSala, Audioholics
全レビューを読む»


仕様

仕様は予告なしに変更されることがあります。

周波数応答

20〜200 Hz±3 dB LFEモードでは無響です。

インピーダンス

RCA :8,300オーム
スピーカーレベル :2,000オーム(赤から黒)
XLR :28,000オーム(ピン2〜3)

低周波トランスデューサー

15インチ(38.1cm)のハイエクスカーション、逆サラウンド、ポリプロピレンコーンのアルミキャスティング。密閉型非共振キャビネット設計。

増幅器

900ワット(1,800ピーク)

ソフトウェア

サブコントロールアプリ :iOSとAndroid

Anthem Room Correction :iOS、Android、およびPC

部屋の修正

国歌ルーム補正(ARC)

コントロール(バックプレート)

レベル :最小 - 最大
設定管理 :ローカル、アプリ
電源モード :オン、トリガ、自動

コントロール(Bluetooth経由)

レベル :-40〜12dB
ローパスフィルター(周波数) :35〜120Hz
ローパスフィルタ(次数) :バイパス、3次、4次
フェイズ :0〜180°(1°刻み)
位相(極性) :通常、反転
プリセットリスニングモード :ミュージック、ナイト、ムービー
20〜30Hzレベル :±10dB
国歌ルーム補正(ARC) :オン、オフ
トーンスイープ(20〜120Hz) :オン、オフ、一時停止(周波数)

入力(オーディオ)

ラインレベル :左、右、およびLFE
スピーカーのレベル :バナナジャックを介して左右
XLR :LFE

入力(オーディオ、ワイヤレス)

SWT-Xレシーバー&トランスミッター(別売)

入力(その他)

USB :マイクロUSB(ARC /ファームウェアアップデート用)
トリガー :3.5 mm、5 - 24 DC

パワードロー

標準:125W、最大:800W、アイドル:15W、スタンバイ:0.5W

ゴム、ETC(Energy Transfer Coupler)スパイク

重量

57ポンド(25.9 kg)

寸法(H×W×D)、前面焼成

20.1 "×17.9"×19.1 "
(51 cm x 45.4 cm x 48.6 cm)

寸法(H×W×D)、ダウンファイア

20 "×17.9"×18.5 "
(50.9 cm×45.4 cm×47 cm)

終了

サテンブラック




カスタマーレビュー にとって Dynamo 1600X

お願いします, サインイン または サインアップ コメントを追加する.

Audiovicker

  • 2018年8月26日日曜日

I have tried several subs in my system. Original sub was a KEF HTB2SE wireless (the Minicooper wheel). That is one amazing sub but I wanted one that goes lower and has more power. I tried SVS SB16-Ultra, Bowers & Wilkins PV1D, Martin Logan Dynamo 1500x. Probably 90% two channel music thru Tidal and Spotify. 10% movies. Setup is in living room. Want all equipment to blend in with eclectic modern decor. I chose the Dynamo 1600x because it checks almost all of my boxes. I just wish they did these in a gloss piano black finish like the Dynamo 1500x gloss option. Don't get me wrong, the finish on the Dynamo 1600x is amazing. If this one didn't work out I was going to try a REL S-5 SHO. I have heard the RELs many times and I think I just want a little more power from my sub. Yes sometimes I like to really push the system. My search is done. I didn't think the 1600x would be so much better than the 1500x but it is. Much more tuneful and toneful, very very fast. The different connection options allow me to use modern and vintage amps and I can set it up for two channel and movies simultaneously The two apps work so well and are so easy to use I honestly feel like I have been cheated out of the process of setting up my sub. Just in case you are wondering why I didn't stick with the other subs I will explain now. The SVS SB16- Ultra was a little "out of control" at certain moments in movies and music. It would flap and flutter around. The Bowers & Wilkins PV1D is incredible. Surprisingly it goes very low and is visually stunning. It is like a Devialet Phantom without the extra tweeters and stuff. I just wanted more volume. The Dynamo 1500x in gloss is beautiful, sounds beautiful, and checked almost all of my boxes. The 1600x is more powerful, way more flexible and much easier to use and set up. I'm done, Thanks.